フラまと 読んで楽しく、お役立ちな情報満載!「フラットまとめ」 収録 284 件☆

ヌルヌルでおいしい海藻のめかぶ

日本では古くから食べられているわかめの胞子部であるめかぶのグルメ紹介まとめです。
88 view
2020-12-20 07:27:23

メカブとは

メカブ(和布蕪)は、ワカメの付着器の上にある、葉状部の中で厚く折り重なってひだ状になった部分である。生殖細胞が集まった部位で、成実葉や胞子葉に相当する。ワカメは海藻なので根はないが、通俗的には「ワカメの根元部分」とも表現される。
日本では食用にされる。

アルギン酸やフコイダンなどの水溶性食物繊維に由来するぬめり成分やミネラル、エイコサペンタエン酸などの不飽和脂肪酸を葉状部よりも多く含むため、健康食品として摂取されることもあるが、必ずしも十分な医学的根拠を得るには至っていない。その他メカブの成分を使用したシャンプーや石鹸、化粧品なども発売されている。

古代には海藻根(まなかし)と呼ばれ、貢物として海苔に次ぎ珍重されていた。中世以降になると中央文書からは姿を消すが、代わりに地方産物として「メカブ」の名で登場するようになる。地域により「ミミ」「ネカブ」「カブ」「メヒビ」などさまざまな呼称がある。また乾燥品は古くは民間薬としても利用された。
日本の主なめかぶ産地は、三陸海岸一帯の太平洋側である。 この地域で取れるめかぶは三陸めかぶとしてブランド化されており、高値で取引される。

調理の際は軽く湯通しをし、色が褐色から緑色に変わったところで冷水に取る。芯の部分は固いため、湯通しの前後に取り除かれる場合もある。
その後は包丁などで細かく刻み、醤油やめんつゆ、その他の薬味を混ぜ米飯にかけて食べられたり、吸い物などスープに入れられたりする。同じく粘りのある納豆やとろろ、オクラ、鶏卵などの食材と合わせることや、調理法が応用されることもある。

また生のもの以外に、より手軽に食べられる乾物のものや味付け加工されたパック詰めのものも販売されている。

メカブの評判・人気

ヌルヌル、ネバネバがすごいので、納豆やとろろと混ぜたり、ヘルシー系メニューによく使われています。

おいしそうなメカブ料理の数々

参考サイト

同カテゴリ人気ランキング

同じカテゴリ内でもアクセスの多い人気ページをご紹介。
イカが大好きな日本人が作る様々なイカ焼き紹介まとめです。
view 442
2020-08-29 18:45:44
みんな大好きなお寿司安くさせてくれている不思議な代用魚の紹介。
view 343
2020-08-06 00:19:11
何の料理にでも愛用され、安くてもおいしい貝類のアサリの紹介まとめです。
view 319
2020-08-15 07:37:58
富山で伝統的に作られ食されるブリのおいしい加工品である塩鰤(塩ぶり)のご紹介。
view 298
2020-08-18 04:35:50
冬場に脂が乗って最高においしい金目鯛(キンメダイ)のご紹介。
view 175
2020-08-18 01:05:39
元々高級食材であったが代用魚の普及で安価に食べられるようになったエンガワのご紹介。
view 109
2020-08-10 20:20:13
日本では古くから食べられているわかめの胞子部であるめかぶのグルメ紹介まとめです。
view 88
2020-12-20 07:27:23

同カテゴリリンク集

同カテゴリのお役立ちサイトをランダムでご紹介。
2015-11-19
普通の海苔以上に海の風味が濃厚なおいしいアオサノリグルメのご紹介。


2016-05-17
ダシをとるのにも有用ながら、具材として料理にして食べてもおいしい昆布料理紹介まとめです。


2015-10-28
皿を舐めるほどおいしいから名付けられたと言われているなめろうの紹介まとめです。


2018-11-06
日本でも駿河湾でだけ獲れ、しかも漁期も短い、まさに限られたご当地グルメであるサクラエビ紹介まとめです。


2016-07-01
和食でダシをとるのに最重要な食材で、同時にそれ自体もおいしく食べられる昆布の様々な種類の紹介まとめです。


2018-09-22
世界の中でも特に多くの魚介類を愛し、食べる日本人ならではのたくさんの魚卵の料理や食べ方のご紹介です。


2015-10-13
国内では富山湾でのみ漁獲される貴重なご当地食材、白えびの特集。


2014-03-22
身の小ささに反して、うまさ、卵のプリプリ感、全部を味わえる豪快さで、食材として大人気のイイダコのグルメ紹介まとめです。


2013-06-15
小型ながら、身の刺身も肝もおいしくて釣り人に人気の魚介類、カワハギの紹介まとめです。


2015-03-10
庶民の味方で食卓によく上がるアジの中で、特に美味で地域独特のアジを、各地でブランド化してブランドアジとして各地域の名称で販売しています。