フラまと 読んで楽しく、お役立ちな情報満載!「フラットまとめ」 収録 427 件☆

猫さんに大切な日々のお食事用キャットフードまとめ

猫さんに大切な毎日のごはん時に与えるキャットフードの数々を種類別にご紹介。
513 view
2021-01-18 17:27:30

猫の毎日キャットフード

キャットフード は工業的に生産された猫用飼料である。猫の飼育に適した組成が工夫されている。

本来肉食性である猫はタウリンなど必須栄養素が多い。市販のキャットフードはそれらを含んでおり、その他のペット用の飼料は主食として猫に適さない。生産や流通している物は海外産が多く、特に魚肉の猫缶はタイ産が多い。魚肉の猫缶においてタイ産が多いのは人が食べるシーチキンにタイ産が多いのと関連している。シーチキン向けには不適合な赤身や身を猫缶にしているからである。全てではなく、白身を売りにしているものがあるが、安価な缶詰はこういった物が多い。国内ではペットフード、飼料の法律が甘く添加物などを表記しなくても良い為、合成保存料、合成酸化防止剤などが添加されていても表記していない場合が多い。これらを嫌う人は海外のサイトを探すと、アメリカなどは全数表示が義務づけられており、BHTやBHAといった表記で確認することもできる。
一般的なブランドの多くが食品産業等の廃材を原料に使用している。主な使用原材料の例では鶏副産物粉、○○副産物粉と表記されている物が多い。これは動物の皮や内臓、骨、毛までに至るまでのものをほぼ全ての物を粉末化している物である。また、獣脂など油系はレンダリングと言って動物類を煮て油を抽出したり、大手ファーストフード店などから回収した油をフードに転用しているという説もある。この場合、特にショートニングのような加工油脂には自然には存在しないトランス脂肪酸を含む場合が多い。また、レンダリングの場合悪く言えば死体のごちゃ混ぜであり、品質的には悪い可能性が高い。なお、国内にもレンダリング工場が存在する。近年はドライフードという自然界にはない存在、過剰に処理され固形となっていることと並んでこれらのトランス脂肪酸や添加物などの点が猫の年齢に関係した病気の元になっているという説や、猫は基本的に肉食動物であり、穀類は不要であるという説もあり、アレルギーなどの原因という主張している会社、人も多い。市販されている一般的なブランドの多くが基本的に穀物ベースであり、多くは穀物類、大量のトウモロコシや米を含み、これに肉類と必須ビタミン類を添加している。また上記の獣脂や、副産物粉(ダイジェスト)を添加している。穀物類や副産物粉などを使うのはコスト削減のためであり、安価なフードにするには欠かせない。近年では中国産原料の使用や材料の汚染なども問題になってきている。

上記のような現状から一部のペットフードメーカは、もっと自然な製法、安全なフードを売りにするメーカーがある。穀物や副産物類の含有率が低く、中にはオリジン・Innova EVOのように穀物を全く含まないブランドも若干ある。自然派ブランドの多くは人間が食べられる品質の原材料、製法や管理などの方法を使用し、「ヒューマングレード」と称している。この種のブランドの多くは栄養を猫の自然な食事に合せるため、生の材料から作られている。自然派ブランドは一般的に、生肉に内臓、魚、粉砕骨、ハーブある種の生の植物、補助栄養素を加えている。ハーブ類も加えられることもあるが猫に有効性があるかは詳しくわかっていない。 またこれらの安全なペットフードはインターネットの普及によりインターネット通販サイトなどで手軽に購入することができる。

ドライフード

通称カリカリのドライフードは今も昔もにゃんこごはんの主流です。
たいていが大量安価、かつ栄養バランスも計算されたものがペットフード各社から発売されていますので、毎日これが食事で問題ありません。
多くの猫飼いさんがこれを主食に与えています。
猫が飽きないように、まぐろ風味やチキン風味など多様な味の品が登場しています。ただ、猫は変化を嫌う生き物ですので、一度気に入った味が見つかったらずっとそれでもかまいません。

ウェットフード

今も昔もにゃんこのごちそう、通称猫缶、と呼ばれる、多くが缶詰やレトルトパウチのウェットフードです。
最近では格安のものが増えてお手軽です。
少量ずつになっていてあげやすく、1食、ないし2食分くらいごとになっていてお手軽です。
低糖質や炭水化物不使用のグレインフリーのものなども増えていて、肥満防止や体調不良の猫の回復用にもよいです。

おやつ・趣向品

贅沢と言うなかれ、最近では、主食の他に、少量ながら猫がとても食いつくおやつ用フードも多々登場しています。
有名なチュールなどをはじめ、一回食べきりサイズで、ウェットのものや液状、少量のジュレ入りカリカリなど、工夫を凝らした様々なものが登場しています。

回復食・療法食

最近では、猫さんの体調不良などに合わせて成分を調整した、療法食なども登場しております。
悪いところに合わせて腎臓ケアや、下部尿路ケアといった風に食べさせることで薬とまでの効果はなくとも、毎日食べさせることで、悪化の防止や、改善を見込めるものが多いです。
若干値が張るのだけが玉に瑕です。

参考サイト

同カテゴリ人気ランキング

同じカテゴリ内でもアクセスの多い人気ページをご紹介。
猫さんに大切な毎日のごはん時に与えるキャットフードの数々を種類別にご紹介。
view 513
2021-01-18 17:27:30
昔から猫は寒がりでこたつで丸くなる生き物と言われていますが、そんなかわい過ぎるこたつで丸まる猫さん達です。
view 142
2021-10-16 21:59:04
暖まってて幸せそうだけど焦げないか心配になるようなストーブにゃんこの数々。
view 139
2021-10-17 22:14:51

同カテゴリリンク集

同カテゴリのお役立ちサイトをランダムでご紹介。
2015-01-22
伝統の技で作り上げられる、手編みのわら制のかご、それを猫用にジャストサイズに作りあげた、猫ちぐらというものが近年人気が出てきて話題になっています。


生物  > 
2015-05-05
歌舞伎町一丁目にある飲食店街ゴールデン街を中心として生活しているノラ猫さん達はすっかり町の風物詩となり、お店の世話になりながら招き猫としても活躍しています。


生物  > 
2014-12-31
気分により、色々動く猫さんのしっぽ。飼っていてもなかなか猫の気持ちはわかりにくいものですが、しっぽの動きによく注目してみると意外と感情の動きがわかるものです。


生物  > 
2016-05-18
日本の風物詩の正月を満喫したり、させられたりしているステキな猫さんたちの様子の記録です。


生物  > 
2014-12-23
近年猫も身近になり過ぎて、ちょっとやそっとのことでは驚きませんが・・・なんと!最近の猫さんは、飼い猫はまだしも、野良猫までもが電車にも乗るようです。


生物  > 
2015-11-07
ちょこちょこ歩く足の短さが愛らしくて人気の猫の種類マンチカン特集まとめです。


生物  > 
2015-03-07
本来は砂漠由来の猫科たる生物は水に触れる機会が少なく、水嫌い、風呂嫌いが多いのですが、その本能ままの猫や、逆に、なぜか風呂が好きな猫さんもいたりします。


生物  > 
2015-01-27
寝る時くらい、猫だって落ち着きたいでしょうに、いったいなぜか不思議と寝づらそうな姿勢や場所で寝る猫さん達の画像集です。


生物  > 
2016-01-05
生きていく上で必須な水分補給、猫さんももちろんなわけで、ただ、なぜか一部の猫さんはダイナミックな水飲みをしたりして人々を驚かせてくれます。


生物  > 
2015-10-10
老若男女愛されているディズニーリゾートの中に、実は大量の野良猫さん達がいます。そんな知られざる野良猫ワールドのご紹介。


生物  >