フラまと 読んで楽しく、お役立ちな情報満載!「フラットまとめ」 収録 305 件☆

世にも恐ろしい洞窟事故の数々

探検はロマンだけじゃなく危険も!世にある洞窟の数々で発生した恐ろしい事故・事件の数々をご紹介。
171 view
2021-02-25 03:28:24

世間に知られる数々の洞窟事故

岡山地底湖行方不明事件

2008年1月5日午後6時15分ごろ、岡山県新見市豊永赤馬の洞穴「日咩坂(ひめさか)鍾乳穴 (かなちあな)」(奥行き約1600メートル)の奥にある地底湖(深さ約32メー トル)で遊泳していた高知大学3年生の男子学生(21)が行方不明になった、と 一緒に洞穴を訪れていた仲間から110番通報があった。
県警新見署員ら約30人が 捜索を続けたが、学生は見つかっていないという。
同署や新見市消防本部などの調べでは、学生は大学の洞窟(どうくつ)探検サークル に入っており、学生や社会人など近県から集まった計13人で新見市を訪れていた。
不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、 着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。
新見市教育委員会によると、この洞穴は県の天然記念物に指定されており、洞穴に 入るには同市教委への届け出が必要なのに、学生らは届け出ていなかったという。
この探検サークルが洞窟内で宴会をしたり、伝統行事として地底湖で泳いでいたことが明るみに出て、非難が殺到し、この事故自体も、あまりにも周りが助けようとした形跡がないことから事件じゃないかとの推測も数多く出ているいまだに全容は不明な事故でした。

ポガニカ湾の洞窟

2002年、クロアチア、ポガニカ湾の水深54メートルのところにある水中洞窟で、ダイバーたちがM・Kの遺体を発見した。ダイビングマスクははぎとられ、胸には30センチのナイフが刺さっていた。

 最初、警察は殺人事件として捜査した。M・Kは友人たちとケーブダイビングに来ていてため、彼を刺して洞窟に遺体を隠した犯人はその友人のひとりではないかと思われた。

 しかし、解剖の結果、彼の死は殺人よりももっと恐ろしい結果であることが判明した。M・Kは、洞窟の迷路の中で迷ってしまい、酸素がなくなりかけて溺れそうになった。ふたつの岩の間にある気泡を求めて上昇しようとしたが、それでも生き延びるには十分ではなかった。彼はここで死ぬと気づいたが、それは想像を絶する恐怖と苦しみだったろう。溺れ死ぬときの苦しみはとても堪えがたいものだという。M・Kはその地獄の苦しみから逃れるために、自ら胸にをナイフで突き刺したのだ。

タムルアン洞窟の遭難事故

タムルアン洞窟の遭難事故(タムルアンどうくつのそうなんじこ)とは、2018年6月23日にタイ王国・チエンラーイ県のタムルアン森林公園内のタムルアン洞窟(タイ語: ?????????????、英語: Tham Luang Nang Non Cave)において地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が閉じ込められた遭難事故。7月10日までに13人全員が救出されたが、救出活動中にダイバー1人が殉職した。
2018年6月23日、地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が洞窟内に進入した。タムルアン洞窟がある山の形が女性が横たわった姿に似ており、この洞窟は「男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内」と言われていて、地元の人達には恐れられている。
当時は雨季に入っており、大雨で洞窟内に大量の水が入り込んだ。その結果、洞窟内の水位が上昇して大半が水没したため、脱出できない状況に追い込まれた。
雨季で、しかも地元でも恐れられるところに遊びで入った馬鹿集団なのに、それを救うために救助隊から1名死亡するなど大変いたたまれない事件でした。
自己責任論で見捨てればよかったのに・・・。
最終的に馬鹿13人は救助されたものの、救助隊からダイバーの溺死や、細菌からの感染死者などがでました。

あまりにやるせない事件です。

コピアポ鉱山落盤事故

厳密には洞窟事故ではないですが、坑道での事故ということで、洞穴的な要素のある事故のひとつです。
コピアポ鉱山落盤事故(コピアポこうざん らくばんじこ)とは、チリ共和国アタカマ州コピアポ近郊のサンホセ鉱山にて、現地時間2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故。崩落により33名の男性鉱山作業員が閉じ込められるも、事故から69日後の現地時間10月13日に全員が救出された。サン・ホセ鉱山(el yacimiento San Jose または la mina San Jose)は、コピアポの45キロ北に位置する。鉱山を所有していたミネラサンエステバン社は、のちに倒産した。

作業員たちが閉じ込められたのは地下634メートルの坑道内で、坑道入り口から5キロの位置である。鉱山会社の弁護士を含む数名が、作業員らが救出されたあと、鉱山所有者らが破産する可能性を指摘している。サンホセ鉱山は金と銅の産出で1889年から操業してきた。現在の所有者は、マルセロ・ケメニー・ヒューラー(40%)とアレハンドロ・ボーン(60%)の2人である。
現地時間10月12日23時20分(日本時間10月13日11時20分)、最初の救助隊員が地下へと下った。同10月13日0時11分(日本時間10月13日12時11分)、最初の被災者が救助された。
被災者と入れ替わりに救助隊員が降下する形でまず計3名の救助隊員が地下へと下った。その後、断続的に残りの3名の救助隊員が地下に入った。医師や看護師を含む6人がカプセルで地下の避難所まで降り、33人の健康状態を確認、カプセルへの乗り込みの効率化を図った。初めのうちは1人救出するのに約1時間かかったが終わりのころにはそのサイクルは30分未満にまで短縮された。最後の被災者が救出されたのは現地時間10月13日21時56分(日本時間10月14日9時56分)、翌10月14日0時33分(日本時間10月14日12時33分)に最初に降下した救助隊員が帰還し救出作業は終了した。

同カテゴリ人気ランキング

同じカテゴリ内でもアクセスの多い人気ページをご紹介。
なぜか、すぐ爆発してしまう中国製品や、中国にまつわる爆発事故色々。そんなすご過ぎの通称チャイナボカンをご紹介。
view 1014
2020-11-29 03:58:30
桜の木を枯らしてしまう外来カミキリのクビアカツヤカミキリにより、全国で桜の木が被害に合うケースが増えています。
view 333
2020-07-29 14:48:44
農水省から、東京都や大阪府など9都道府県がGoToイート利用には4人以下との人数制限を設ける方針を決めたと発表された。
view 205
2020-11-21 15:16:17
東京都での新型コロナ感染者数が、12月27日、日曜としては過去最多の708人確認したとのこと。
view 181
2020-12-28 09:18:07
歴史的なできごととして、ベルリンの壁崩壊は知られていても、そもそもその壁とはなんだったのか、は知られていないため解説を。
view 176
2021-03-04 03:24:29
探検はロマンだけじゃなく危険も!世にある洞窟の数々で発生した恐ろしい事故・事件の数々をご紹介。
view 171
2021-02-25 03:28:24
令和となり、ほぼ失策しかなかった平成時代の、特に目立つ悪政を振り返る。
view 161
2020-12-20 06:01:21
感染拡大が止まらない東京で、12月10日過去最大で、600人超えの602人の感染が確認されたそうです。
view 139
2020-12-11 01:22:21
コロナ患者が連日記録更新中な東京都にて、月曜においては過去最高になる481人の感染者が確認されました。
view 123
2020-12-28 17:12:59
頭おかしい親が増えていて、近年作られたワードのモンスターペアレントについて解説。
view 107
2021-03-04 03:38:11

同カテゴリリンク集

同カテゴリのお役立ちサイトをランダムでご紹介。
2014-11-05
彼女は自分でがんばって作るもの、その発想から逸脱して、金を払って彼女役をレンタルする、という、もはや彼女じゃない、というツッコミを無視したサービスが近年人との関わりを苦手とする人達の間に広がりつつあります。


2016-04-16
餃子の王将御徒町南店の看板でアピールされている女子会プランが、おもしろお得で、餃子の王将で女子会とは!?と昨今話題になっています。


2015-01-13
一部企業に広がりつつある、ユニークな特別休暇。そんな中、とある美容院経営会社が取り入れている失恋休暇が斬新だと話題に。


2015-09-24
間もなく終わる平成の時代。次の元号は何になるか、ネットでも話題騒然なところを特集。


2016-02-25
日産自動車の顔となっていて、会長であるカルロス・ゴーン氏が報酬を有価証券報告書に少なく記載し逮捕された件について。


2018-11-05
トルコのイスタンブールで開催されたファッションショーにネコ乱入し、モデルと一緒にウォーキングし会場を楽しませるという珍事が起きました。


2015-10-25
ついに平成の時代が終わり、5月1日より始まる新元号、4月1日、ついに発表になり、新元号は「令和」となりました。


2015-11-02
牛丼大手の松屋がロシアのモスクワに1号店をオープン、さっそくロシアの人々の口に。


2015-10-25
足を運ぶのが面倒と、投票率が50%近くまで落ちてきても頑なに実施しないネット投票。メリットだらけなのにいったいなぜ。


2018-10-22
21日開催の全日本実業団対抗女子駅伝、通称プリンセス駅伝で、2区の岩谷産業飯田選手が骨折して、残り200mを這いつくばって血まみれで襷をつないだことが大きな話題に。