フラまと 読んで楽しく、お役立ちな情報満載!「フラットまとめ」 収録 368 件☆

ごはんが無限に食べられるおいしい辛子明太子

魚卵の加工品で、ピリ辛ながら旨味がすごく、ごはんがとても進む辛子明太子の紹介まとめです。
53 view
2021-10-07 02:30:23

辛子明太子とは

辛子明太子は、そのまま食べておつまみなどに。あつあつごはんに乗せておかずにも。パスタソースなどに使って調味料的にも。
多彩な用途で楽しめる人気の魚卵加工食品です。
今日では「明太子」を辛子明太子を指す言葉として用いる人が多く、さらには「めんたい」と略されて「めんたいスパゲティー」や「めんたいロック」など九州博多の代名詞としても用いられることもある。これは元々たらこを示す言葉としての「明太子」が使われない地域に、お土産や特産品として「辛子明太子」がもたらされ、やがてその略称としての「明太子」が全国的に広がったためと考えられる。
副菜としてそのまま、もしくは好みにより軽く焼いて食卓に供する。また、酒肴やおにぎり、お茶漬けの具材としても好まれる。NTTドコモ「みんなの声」における「好きなごはんのお供ランキング」では、「辛子明太子」が一位であった。
洋食に取り入れられることも多く、ほぐした辛子明太子をマヨネーズと和えて「めんたいマヨネーズ」としたり、バターライスに混ぜたりスパゲッティに用いることもある。
また、パン屋では明太子をバターやマーガリン、マヨネーズ等と合わせてペースト状にし、フランスパンに塗った「明太子フランス」がよく売られている。

評判・人気

人気の食材ともなっていて、みな自炊などで重宝しています。

おいしそうな明太子料理動画

辛子明太子を使ったおいしそうな料理も世間のみなさまが作っていますね。

参考サイト

同カテゴリ人気ランキング

同じカテゴリ内でもアクセスの多い人気ページをご紹介。
イカが大好きな日本人が作る様々なイカ焼き紹介まとめです。
view 1329
2020-08-29 18:45:44
みんな大好きなお寿司安くさせてくれている不思議な代用魚の紹介。
view 1085
2020-08-06 00:19:11
何の料理にでも愛用され、安くてもおいしい貝類のアサリの紹介まとめです。
view 902
2020-08-15 07:37:58
富山で伝統的に作られ食されるブリのおいしい加工品である塩鰤(塩ぶり)のご紹介。
view 879
2020-08-18 04:35:50
冬場に脂が乗って最高においしい金目鯛(キンメダイ)のご紹介。
view 699
2020-08-18 01:05:39
秋田県の県魚としても知られ、プリプリの卵がおいしいと評価されているハタハタのグルメまとめです。
view 693
2021-04-30 22:58:53
イカの旨味の凝縮されたイカスミを利用したおいしい料理紹介。
view 413
2021-04-21 15:01:11
元々高級食材であったが代用魚の普及で安価に食べられるようになったエンガワのご紹介。
view 387
2020-08-10 20:20:13
日本発祥で、カニ風の食材である魚肉製品のカニカマが、世界中で人気となっています。
view 238
2021-08-17 08:49:19
日本では古くから食べられているわかめの胞子部であるめかぶのグルメ紹介まとめです。
view 237
2020-12-20 07:27:23

同カテゴリリンク集

同カテゴリのお役立ちサイトをランダムでご紹介。
2015-10-13
富山湾の名産で、白い宝石と呼ばれ県の名産として重宝される白くてきれいな海老、白えび(シロエビ)の紹介です。


2014-04-07
寿司やお刺身に、古くから重宝される高級食材である二枚貝の赤貝の、おいしい食べ方紹介まとめです。


2018-11-24
安価ながら家庭料理からお店まで幅広く使えておいしいちくわグルメ紹介です。


2013-08-06
日本人ならみんな大好きエビを使った料理の数々をエビの種類を問わずご紹介。


2016-04-13
生の新鮮なワタリガニを漬け込んだキムチであるケジャンのご紹介。


2015-10-28
皿を舐めるほどおいしいから名付けられたと言われているなめろうの紹介まとめです。


2015-01-30
出世魚でブリの成魚で、昔から日本人に愛されるおいしい高級後であるカンパチのグルメ紹介まとめです。


2014-08-12
鮮魚コーナーの端に積まれていて安価な食材のイメージですが、食べる部分もたくさん、味もよし、で実はすばらしい食材な魚のアラのグルメ紹介まとめです。


2016-07-03
市場では高級魚ながら、釣りである程度連れて人気の高い根魚であるカサゴの紹介。


2015-10-19
日本で古くから愛されてきたアサクサノリの悲しき現状。